夢の箱 本部

TEL:06-6715-2188

〒544-0025
大阪府大阪市生野区生野東2丁目5番8号

新着情報&ブログ

リズムタウン仙台オープン!
リズムタウン仙台オープン!

見えないところで・・・

December 14, 2016 ⁄ In: 夢の箱 勝山

特養夢の箱 勝山 介護職員の阿河です。

特養では、ご利用者様の生活が快適にお過ごしいただけるように、日々日常業務に取り組んでいますが、今回紹介させていただくのは、そうしたご利用者様の日常生活や介護現場に携わる職員の日常業務に欠かせない“消耗品”についての取り組みについての話題です。

特養での“消耗品”といえばいろんなものがありますが、中でもトイレットペーパー、リハビリパンツ、パット、洗濯用洗剤、スポンジブラシ、ティッシュペーパーなど、日常生活に関わるこれらの消耗品を各ユニットにて予備も含めて保管し、適宜提供しています。

これら常備している消耗品が不足しそうになると、各ユニットに配布されている「備品発注書」に各ユニット職員が補充したい消耗品の発注数を記入し事務所に提出します。

その発注書に基づいて事務所にて発注手続きを行い、依頼品を各ユニットに配布しています。

imgp5822a

各ユニットに配布する前に、事務職員が必要数の準備と発注書との照合を行うのですが…ご覧のとおりその数は多く、これを1つ1つ確認・仕分けをしています。

こうした光景を、ご利用者様やご家族様が目にされる機会はほとんどない、まさしく“見えないところ”での作業ですが、日常生活や日常業務が円滑にいくのもこのような見えない業務を遂行する職員の存在があってのことです。

imgp5829a

特養では、介護職員の他に多くの職員がご利用者様の日常生活と現場職員の日常業務を支えています。

そうした“見えないところ”での業務に従事している職員の活動についてもブログや機関紙「夢の箱新聞」等で紹介していきます(^o^)/


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

※コメントは承認された後に反映されます。反映までしばしお待ちくださいませ。

介護なんでも相談所

最近、足腰が弱くなってきたなぁ…
出掛ける機会が減ってきた…
両親の介護、どうしていけば…

ご自身の健康に対する不安
介護に関する不安や疑問

あなたの不安を解決する糸口がきっと見つかります。
なんでもお気軽にご相談ください。

介護のどんなことでも電話・メール・来所でご相談ください!
夢の箱へのお問い合わせ